ホームヘルパーでもカードローンでキャッシングはOK?

ホームヘルパーでも安定収入があれば問題なく借入OK!

 

継続的な収入があって満20歳になっていれば誰でも融資の申込みをすることの出来る消費者金融や銀行系カードローンですが、実際にお金を借りることが出来るかどうかは審査を受けてみなければわかりません。

 

借入のために審査が行われるのは当たり前のことであり、キャッシングというのはボランティアで提供しているサービスではありませんので、返済出来ない状態の人にキャッシングカードの発行はしません。

 

しかし逆に言えば、返済能力があると認められればお金を借りることが出来るのですから、仕事をしていて安定収入があれば、どのような職種でも問題無いということになります。

 

このことから「ホームヘルパーでもカードローンでキャッシングが出来るの?」ということについてですが、ホームヘルパーも立派な職業であり、会社に雇用されているにしても自営業にしても問題ございません。

 

正社員や契約社員、アルバイト、パートなど雇用関係を結んでいる人でしたら、基本的には運転免許証などの本人確認書類のみで申込みをすることが出来ます。

 

ただし事業主の場合は、本当に収入が安定しているのかを証明するための書類を用意しなければいけませんので、予め確定申告書の写しなどを用意しておきましょう。

 

またホームヘルパーをしている方の中には、過去にキャッシングやローンを利用していて、何度か返済日の遅延をしていたり、もしくは債務整理手続きをしてしまった方もいらっしゃるかもしれません。

 

このような事例があると、個人信用情報機関にブラック情報が記録されてしまい、一定期間の新規キャッシングは出来なくなりますのでご注意ください。

 

ご自分の信用情報を確認したい場合には、個人信用情報機関に開示請求をすることで調べることが出来ますので気になるのでしたら問い合わせしてみてください。

 

大手消費者金融で断られてしまったとしても、中小サラ金や闇金からお金を借りるのは大変危険です。

 

後悔しないためにも、大手消費者金融で借りられなかった場合には別の方法を選ぶようにしましょう。